オイルシャンプーの成分

オイルシャンプーの成分

商品によって成分が違うオイルシャンプーは、どのような成分が入っているのか気になりますよね。今、オイルシャンプーの中でも注目されている成分「アルガンオイル」「バオバブ油」、その他の植物性エキスがどのような成分なのかみていきたいと思います。

【アルガンオイル】

モロッコだけに生えているアルガンの樹から取れる成分となっています。モロッコでは昔から美容や健康に良いことから使われてきており、貴重な成分です。特徴は、脂肪酸であるオレイン酸と美容に欠かせないビタミンEが豊富に含まれている点です。水分や油分を吸収し、維持してくれるので乾燥の予防にもなります。

【バオバブ油】

バオバブは主にアフリカに生えている樹です。別名「生命の木」と呼ばれており、現地では約1,000年以上も前から使われてきた成分です。バオバブから得られる油には保湿力が高く、ずっと潤いを維持し続ける力があります。よってバオバブ油でつくられているオイルシャンプーは保湿力が高いことが特徴ですね。

【その他の植物性エキス】

アルガンオイルやバオバブ油以外の植物性油は、まだ様々な種類があります。オリーブオイルや椿油、コーン油、大豆油、フルーツから取れる油など豊富にそろっています。オイルシャンプーを使う前に、どのような油が使われているのか必ず確認して使用してくださいね。


 
アルガンオイル系 馬油(バーユ)系 ホホバオイル系