アルガンオイルの使い方

アルガンオイルの使い方

アルガンオイルの主な使い方をご紹介します。

 

肌がカサカサする季節、1本持っていると、とても便利なアルガンオイルは、どのように使うと効果的でしょうか。乾燥肌の方は、乾燥しやすい部分に直接塗ります。顔の場合、入浴後、まだ化粧水を付ける前にアルガンオイルを数滴手に取り、マッサージすると化粧水の浸透力がアップします。

 

ボディケアには、入浴後、まだ濡れた体に塗ると広がりやすいのでお勧めです。手荒れにも効果があるので、家事の後に手に塗ったり、顔に塗った後に手指にすり込むとムダもありませんね。アブラはアブラで溶かすと効果的と言いますが、ニキビで皮脂の溜まった毛穴にも、アルガンオイルが効果的です。

 

オイリーなのに、またオイルを付けるなんてと思うかもしれませんが、ニキビ肌は、思う以上にダメージを受けているので、オイルで肌を守ることも大切です。ビタミンEを多く含んでいるので、アルガンオイルでマッサージするとエイジングケアに有効です。

 

ヘアケアとしては、シャンプー前にアルガンオイルを手に取って頭皮を指先でマッサージします。アルガンオイルは、サラサラしているので、マッサージ後にもシャンプーが泡立ちやすいのでお勧めです。

 

目元や唇の乾燥が気になる方は、ポイントマッサージに使うと効果的です。
他にもマッサージオイルにも使えて、とても幅広い用途があるオイルなんです。


 
アルガンオイル系 馬油(バーユ)系 ホホバオイル系