アルガンオイルの成分

アルガンオイルの成分

アルガンオイルは、モロッコで採れるアルガンの実から精製したオイルです。
アルガンの天然木から採取されているので、農薬の心配もありません。

 

無添加なアルガンオイルの場合、アルガンの成分の他には、何も含まれていないので安心してお使いいただけます。ただ、アトピー性皮膚炎の方は、『少し痒みが出たので、髪の毛に使っている』という方もいました。アレルギーが心配な方は、最初は、少量を購入して肌に合うかどうか試してみると良いかも知れません。

 

アルガンオイルに含まれているオレイン酸は、オリーブオイルにも多く含まれている成分です。オリーブオイルが注目されたのは、オレイン酸の効能が大きかったのですが、血中コレステロールを下げて血液をサラサラにする効果があります。

 

また、腸の動きを助けて便秘解消にも効果があります。

 

リノール酸は、体内で生成することの出来ない必須脂肪酸です。トコフェロールは、ビタミンEで、活性酸素を予防し、老化防止や新陳代謝の活性化等に効果があると言われています。このトコフェロールが美肌や美容効果に良いと言われて、お肌にアルガンオイルを付ける方も増えているのです。

 

リノレン酸は、オレイン酸と同様に血中コレステロールを減少させて血液をサラサラにする効果があります。アルガンオイルは、口に入れても肌や髪の毛につけても良い効果が期待できるんですね。


 
アルガンオイル系 馬油(バーユ)系 ホホバオイル系