アルガンオイルとは

アルガンオイルとは

最近、アルガンオイルがとても話題になっていますがアルガンオイルとは、『モロッコの王様』と呼ばれていて、健康のために古くから使われています。

 

モロッコは、アフリカ大陸の北西部に位置する王国です。
モロッコ雑貨であるタジン鍋やモロッコ料理のクスクス等は日本でも有名ですよね。

 

アルガンオイルは、モロッコで生育する『アルガンの樹』から採れる『アルガンの実』からしか採取できない希少なオイルです。モロッコの中でも、アルガンオイルの主原料となるアルガンの樹があるのは、南西部に限られています。アガディール・エッサウィラ海に近い場所にアルガン樹の森があるのです。

 

モロッコの伝統的な製法では、30キロのアルガンの実からわずか1リットルのアルガンオイルしか採れません。しかも、収穫に制限が厳しく設けられているので、良質なアルガンオイルは希少価値が高いです。

 

モロッコでは、民間の治療薬として使われており、『人生の実』と呼ばれています。

 

先住民であるベルベル族の間では、産まれたばかりの赤ちゃんにアルガンオイルを1滴飲ませるという風習が今でも続けられているそうです。アルガンオイルの良さは、日本でも認知され始めており、シャンプーや美容オイル、石けんとして用いられ始めています。


 
アルガンオイル系 馬油(バーユ)系 ホホバオイル系